ラゼック(LASEK):カテゴリー

ラゼック(LASEK)

◆ラゼック(LASEK)

通常、レーシックでは角膜実質層に矯正用レーザーを当てるために、
ブレードやイントラレーザーで角膜上皮にフラップを作成します。
しかしラゼックでは、ブレードもレーザーも使わずに、
アルコールで角膜上皮を変性させ、フラップの代用とします。

レーシックよりも浅い層でエキシマレーザーを照射することから、
PRKと同じカテゴリーに分類される治療法です。
角膜が薄くレーシックを受けられない方に向いた術式です。


<<長所>>

・角膜に十分な厚みが無く、レーシックを受けられない方へも適応となる場合が多い

・正常の眼球に近い強度を保てるため、
格闘技など目に強い衝撃を受ける恐れのある方も手術が可能

・角膜の知覚の戻りがはやい

・術後のドライアイが軽い

・フラップ作成時のトラブルが発生しない

・眼圧が高く、フラップ作成時の吸引に耐えられない人への治療も可能。

・上皮細胞をきれいに除去できる

・程度にもよるが、角膜に混濁(傷の跡など)がある場合にも手術が可能


<<短所>>

・レーシックに比べ、術後の痛みがある。

・視力回復までに1週間ほどかかる。


神戸神奈川アイクリニック 手術メニュー








Page: 1
フィード