ピーアールケー(PRK):カテゴリー

ピーアールケー(PRK)

◆ピーアールケー(PRK)

角膜の薄い方、格闘技などのハードなスポーツをされる方に向く術式です。
レーシック(LASIK)やエピレーシック(EPI-LASIK)が受けられない方に向き。


ピーアールケー(PRK)は
レーシック(LASIK)以前から行われているレーザー視力矯正手術です。
レーシック(LASIK)とは異なり、フラップを作成しません。
そのため、角膜の薄い方や、眼に強い衝撃を受けるスポーツをされる方に
適しているのはエピレーシック(EPI-LASIK)と同様ですが、
眼が小さくフラップを作る機器が使用できない場合や、
角膜の形によって安全なフラップの作成が困難な場合は、
ピーアールケー(PRK)が向いています。


●角膜の厚みが不足している方
角膜が薄くレーシック(LASIK)が受けられない方も適応となるケースが多いのが特徴です。


●格闘技など眼に強い衝撃を受けるスポーツをされる方
ピーアールケー(PRK)はフラップを作成しないため、
レーシック(LASIK)のようにフラップがずれるという心配がありません。


神戸神奈川アイクリニック 手術メニュー







Page: 1
フィード