神奈川アイクリニックについて:カテゴリー

神戸クリニックと神奈川アイクリニックについて


◆神戸クリニック よりお知らせが2つ届きましたのでご紹介します。

まずひとつめ

============================ここから


『神戸クリニック 福岡』開院のお知らせ


この度、神戸クリニックは
新しく「神戸クリニック 福岡」を開院する運びとなりました。

また、神戸クリニックは、
神奈川アイクリニック(旧名、神奈川クリニック眼科)と共に、
屈折矯正手術専門医療機関、「医療法人社団稜歩会」グループとしてスタート致します。

既存の神戸クリニック5院に、
神奈川クリニック眼科4院を加え、
全国9院:
札幌(北海道)、新宿(東京)、広尾(東京)、名古屋(愛知)、梅田(大阪)2か所、
三宮(神戸)、天神(福岡)、小倉(福岡)の
視力矯正クリニックグループ「医療法人社団稜歩会」となりました。


国内最大規模である累計370,000症例以上の視力矯正手術を行ってきた経験を元に、
ご希望やライフスタイルに合わせた手術を患者様にご提供できるよう、
一人ひとりの疑問や不安にお応えしていきます。


日本の視力矯正業界をリードする医療機関として、
今まで以上に質の高い医療とサービスの提供に努め、
眼に関するあらゆることで社会に貢献して参ります。


----------------------------------------------------------------

【神戸クリニック】

(旧)広尾院/三宮院/梅田院/札幌院/小倉院 計5院

(新)広尾院/三宮院/梅田院/札幌院/小倉院/福岡院 計6院



【神奈川アイクリニック】

(旧)新宿院/名古屋院/大阪院/福岡院 計4院

(新)新宿院/名古屋院/大阪院 計3院



============================ここまで



2010年の5月頃
神奈川眼科クリニックが
神戸クリニックの「医療法人社団稜歩会」グループになったのですが、

(旧)神奈川眼科クリニックの経営建て直しの流れということでしょう。


まとめると、

クリニックの名称が
『神奈川眼科クリニック』から ⇒ 『神奈川アイクリニック』に変わり、

神奈川眼科クリニックとしての福岡院が閉鎖になって、

そこを神戸クリニックが新たに【神戸クリニック 福岡院】として開院する。

ということのようですね。



まあ、神戸クリニックの「医療法人社団稜歩会」は、
健全な経営をしていますから、

これから神戸神奈川アイクリニックとなって、良くなっていくことでしょう。


そして、二つ目


2011年の12月1日より、

「神戸クリニック」と「神奈川アイクリニック」が統合され、

名称が「神戸神奈川アイクリニック」となるようです。


以下にお知らせを載せておきます。

=======================ここから


神戸クリニック、神奈川アイクリニック統合のお知らせ


この度、医療法人社団稜歩会 神奈川アイクリニックは、
同一法人である神戸クリニックと統合し、
「神戸神奈川アイクリニック」に名称変更いたしました。

この統合により、神戸神奈川アイクリニックは
日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。

手術後も変わらぬ安心を提供できるよう、
神戸神奈川アイクリニックは経験豊富な眼科専門医をはじめとした
視力回復手術のエキスパートが常にお客様の視点に立ち、
心を込めたおもてなしと充実のアフターケアでしっかりサポートいたします。


【保証期間について】
手術後のアフターケアや保証期間は手術を受けていただいた
ときの契約内容を継続しておりますので、ご安心ください。
また統合に伴い、手術後の検診は保証期間に関わらずいつでも
無料で受けていただくことが可能になりました。
※検診時に処方されるお薬や再手術の費用は、
手術を受けていただいたときの契約内容に準じます。


【世界各国でアフターケアを受けていただけます】
クリニックの統合に伴い、全国9院、どこのクリニックでも
アフターケアをお受けいただけるようになりました。
また、当院では、医療技術の向上のため、
レーシックなどの視力回復手術において世界一の規模を誇る
オプティカルエクスプレス(Optical Express)グループと
パートナーシップを結んでおり、世界各国のオプティカルエクスプレス
グループにおいてもアフターケアを受けられます。


================ここまで

今まで以上に事故のない

しっかりとしたレーシッククリニックになることを期待しましょう。


神戸神奈川アイクリニック





Page: 1
フィード