スターS4 IR(VISX STAR S4 IR):カテゴリー

STAR S4 IR(エキシマレーザー スターS4 IR)について

VISX(ビジックス)の開発は
カリフォルニア州のシリコンバレー(サンフランシスコ ベイエリアのスタンフォード大学を中心としたエリア)で行われました。

今では、この地域はHP、ヤフー、アップル、グーグルなどのコンピューター業界の先進的地域として有名ですが、アメリカの軍事防衛産業の都市という一面も持ち合わせています。

アメリカ最大の軍事防衛産業企業のLockheed Martin(ロッキード・マーティン)の発展と共に
誕生したシリコンバレーは現在でも海軍の空軍基地(Moffett Field)やNASAなどがあり、
アメリカ西海岸における重要な戦略的軍需基地です。

この地域で開発された「VISX(ビジックス)」はもともと軍事・宇宙用に開発された
大型顕微鏡の波面収差の補正のための「Wavefront(ウェイブフロント)システム」
これをを屈折矯正に応用したのです。

レーザーをコンピューター制御することで、フラップの形状は円形となり、均一でムラのない、
なめらかな切断面を形成します。

フラップ作成時に照射するエキシマレーザーは水を苦手とします。
従来のマイクロケラトームではフラップ作成時に水を必要としましたが、
レーザーによるフラップ作成では水を使わないため、
エキシマレーザーでの角膜切除精度も向上するのです。

アイレーシック(iLASIK)で使用するエキシマレーザー、スター S4 IR(Star S4 IR)には、
精密な照射を行うための様々な機能が備わっています。


1.アイリス・レジストレーション(Iris Registration)

2.3Dアクティブ・アイ・トラッカー(自動追尾機能)

3.VSS(Variable Spot Scanning)

4.VRR(Variable Repetition Rate)




エキシマレーザー スター S4 IR-VISXSTAR S4 IR









Page: 1
フィード