イントラレースFS60(Intralase FS60):カテゴリー

intralase FS60(イントラレースFS60)について

iLASIK(アイレーシック)では、
「Intralase FS60(イントラレースFS60)」という機械で「フラップ」を作成します。

「FS60」というのは、バージョンの事で、「FS2」はレーザーの速さが15kHz(キロヘルツ)でした。
次の世代は「FS30」で30kHz、「FS60」というのはレーザーが60kHzで照射され、
フラップ作成は20秒程で終わります。 
使用しているレーザーは「フェムトセカンドレーザー」という名前のレーザーです。

レーザー手術というと、「強いレーザー光線で切る」というイメージがありますが、
実際には1ミクロンの空気の泡を発生させて、その泡が膨らみ、隣の泡とくっつく事で角膜の「実質」をはがしていきます

角膜に対する深さはコンピューターで制御しますので、
全く安全に正確な厚みのフラップを作成することができます。

このレーザーが開発応用され、
フラップもレーザーで処理するようになり安全性と視力回復率は大きく改善されました。

欧米では、ALL-Laser Lasik(オールレーザー・レーシック)と称され、
その精度、合併症対策、視力の質が共に刃物を用いるよりも優っている事が立証されています。




イントラレース FS60-ntralase FS60









Page: 1
フィード