遠近両用白内障手術 老眼治療:カテゴリー

神戸神奈川アイクリニックの老眼治療


神戸神奈川アイクリニックでの老眼治療には、

「遠近両用白内障手術」・「Add-On(アドオン)レンズ」・「モノビジョンレーシック」

があります。

 


◆遠近両用白内障手術

・老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方や、
・白内障の症状が出ている方

におすすめです。

 

なぜなら・・・・

①. 厚生労働省も認めた高い安全性であり、

②. 従来の白内障治療では実現できなかった老眼にも対応しており、

③. 多焦点レンズの使用により
   「遠くも近くも見える」ようになる画期的な手術  

だからです。

 

この「遠近両用白内障手術」は、

一人ひとりの眼の状態や、希望の見え方、
ライフスタイルを考慮して、

使用する眼内レンズを選択しています。

 

 

◆Add-On(アドオン)レンズ

・すでに白内障手術を受けられて老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方、
・裸眼でもっとみえるようになりたい方

におすすめです。

 

なぜなら・・・


①. 多焦点レンズの使用により「遠くも近くも」見え、

②. 「レンズ入れ替え不要」の画期的な老眼治療であり、

③. 高度な医療技術に対する豊富な経験値


があるからです。

 


この「Add-On(アドオン)レンズ」は、

レーザーによる視力回復手術の経験とは異なった手技が必要になるのです。


 


 

◆モノビジョンレーシック

「モノビジョンレーシック」は、
通常のレーシックと同じ方法で行い、

片方の眼で遠くを、
もう片方の眼で近くを見るような状態にする老眼対応のレーシックです。


施術後は、
老眼がはじまった方でも老眼鏡をかけずに日常生活を送ることができます。


神戸神奈川アイクリニック 手術メニュー


 


 



Page: 1
フィード