最新のレーシック視力矯正手術を!

今まで、煩わしかった 「めがね」も「コンタクト」も、もういらない!

視力回復手術「レーシック」で快適な裸眼生活をエンジョイして下さい。

レーシック視力回復手術

眼が悪くない方には、わからないことかもしれませんが・・・
裸眼で普通に生活できることがどれだけ
すばらしいことか!

「レーシック」手術を決して強制、
強要するつもりはありません。
ただ、視力回復の為の方法のひとつとして
選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか。

本サイトでは、
品質重視のレーシック眼科クリニックを
ご紹介しています。
「アイレーシック」「Zレーシック」「イントラレーシック」
を導入しているレーシック眼科クリニックをご紹介します。

そして、更に、手術費用が比較的リーズナブルで
人気のあるレーシッククリニックのご紹介です。

あなたのレーシッククリニック選びにお役立てくださいませ。

そして・・・


レーシックで花粉症が楽になるって・・ご存知でしたか?

花粉症だとレーシックは受けられないと勘違いされている方たちへ

花粉症の方こそレーシックがオススメです。


さらに、コンタクトレンズをしている方も多いと思いますが、
注意が必要です。



slide07.jpg



レーシック 視力回復手術の新着情報

ICL(アイシーエル)で視力回復

2019_saita1.jpg

2019_saita2.jpg

品川近視クリニックは、
2020年におけるICL国内最多症例数をスター・ジャパンより受賞しました。



このICL(アイシーエル)ですが、
日本で有効性と安全性が認められ、厚生労働省に認可されたのは
2010年2月なんですが、ICL自体の歴史は20年以上と長いんです。

昨日、今日確立された、新しい術式ではないので、
しっかりした症例が多くあるということで安心だ。
と、いえるかもしれませんね。

iclmore_sf_01.png


このICL(アイシーエル)「眼内コンタクトレンズ」
がどういうものかというと

「眼内永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。


iclfl_lns.jpg

上のように
「虹彩」と「水晶体」の間にレンズを固定して視力を回復させるというものです。

アイシーエル手術は、両眼で10~20分程度で終了します。


ICL(アイシーエル)の良いところ

なんといっても、

●レンズ交換の必要がなく永久的に挿入しておけ、
満足できない場合などは、レンズを取り出して元の状態に戻すことができる。
というのが良いですね。

また、

●レーシックのように角膜の厚みに手術の適応が左右されないですので、
今までレーシックを受けるのが難しいと判断された強度近視の方や
角膜が薄い方でも受けることができます。

iclmore_tkou.png

そして、

●レーシックのようにフラップを作成しないので、
「ドライアイ」や「ハロー・グレア」での悩みも大幅に軽減されるということです。

なおかつ、

●レーシックの場合は、視力が戻ってしまうこともありますが、
ICLは近視が戻ることは少なく、回復した視力を持続させることができます。


さらに、

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、
角膜の形を変えずに視力を矯正するので、
はっきり見える。ということでしょう。

lasck.jpg
icl_after.jpg

まとめますと、

ICL(眼内コンタクトレンズ)の特徴としては、


1.角膜を削らないでおこなう視力矯正手術である。

2.最強度な近視の方にも対応している。

3.レンズ交換の必要がなく、近視の戻りもなし。

4.優しい素材を使用しているので長期的に安定性がある。

5.厚生労働省からも高度医療機器として承認されている。

6.シンプルな手術なので同じ日に両眼の治療が可能である。

7.UVカットするための紫外線吸収剤が含まれているので、
  UVカット率が90%である。


ということですね。


今まで、レーシックを受けようかどうか?

やっぱり、角膜を削られるっていうのに抵抗がある。な。

といった方には、このICLが良いかもしれませんね。


品川近視クリニックの「ICL」の詳細を見に行く。




フィード